俺の妹がこんなに可愛いわけがない
~インフォメーション~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8


                        ゲーマーズ特典:ブックカバー
   

目次

楽園からの帰還~前編~
第一話~駄弁る生徒会・リターンズ~
第二話~本音の生徒会~
きみつの生徒会
第三話~疑う生徒会~
聖戦
最終話~回収する生徒会~
楽園からの帰還~後編~
えくすとら~戻る生徒会~
あとがき

感想

何という深夏回…

表紙になるってことは、やっぱりそれだけ出番があるってことなんですね。
生徒会の三振もなかなかのものでしたが、今回の深夏もかなり可愛いですよ。

まずは前編。
<<楽園>>送りにされた枯野の話。
ようやく<<楽園>>を抜け出せるのかと思いきや、真儀瑠に言われたことは、枯野にとって最悪の出来事。
卒業式に遅れそうな鍵を無事に送り届けろ、と言う物。
<<企業>>に戻るために嫌々ながらも付き合わされる枯野。
<<楽園>>での生活を通して、枯野も成長したんですね。
と言うか自分の考え方を改めて思い出した、みたいな。
そうじゃないとあんな鍵の姿を見たら余計に怒りそうなものですし。
とりあえず鍵と合流するところまでが前編。

第一話。
ここにきて一巻の振り返り。
タイトルもそのまま。
いつも通り、どうでもいいことをただひたすら喋るだけ、かと思いきや。
どうでもいいことをひたすら喋るってことがどれだけ大変なことか。
今更そんなこと言われてもなかなか難しいものです。
中身はまぁいつも通りな感じなんですが、最後の一文がアレですね。
何で今になって会長がこんなことを言い出したのかという理由、それはみんな口にはしないものの、分かってるんですよね。
最初にあった<<楽園>>の話を見てもそうですが、会長と知弦さんの卒業が近づいてきてるんですよね。
今のこのメンバーで、だらだらとした時間を過ごせる時間が残り少ないってこと。
作者の後書きにもありますが、このシリーズもそろそろ終わりなのでしょうか。

第二話。
ラノベだからこそ出来る文体でしょうか。
みんなの会話の後に、括弧付けで本音が書かれていると言う話。
なかなか面白かったです。
まぁ括弧の部分がなくても、みんなの本音は大体分かりますけど。
一番危ないのが知弦さん。
頭の中には何があるのか分からないので、本音を書かれると大変なことになります。
深夏と真冬ちゃん、鍵はいつも通りの本音なので特に問題はありませんが。
この話のメインは知弦さんよりも会長ですね。
まさかドーナツの話が最後にまとまるとは思いませんでした。
本音を語らずとも出てくるあたり、ダジャレってすごいですね。

きみつの生徒会。
何でひらがななんでしょうね。
普通に考えれば「機密」でしょうけど。
別に「秘密」でも良いのでは?
<<企業>>のメンバーによる生徒会役員の身辺調査。
どこからどう見ても変態的要素しかなかったですが、ある意味ちゃんと報告出来てますよね。
その性癖のおかげで鍵の報告がされず、<<企業>>は失敗したわけですが。
<<企業>>編が終わってからこの事前報告が出てきたのは何だろう。
枯野の話とリンクしてるってことかな?

第三話。
置いてあったケーキがいつの間にかなくなっていた会長の話。
犯人は実は会長自身で、食べたことを忘れてたんだろう、なんて予想をしてたんですが、全然違いましたね。
真儀瑠先生なんて考えもしてませんでした。
でも本当の犯人がまさかの人でしたが。
いくらなんでも生徒会メンバーの中に犯人がいるとは思ってなかったので、ある意味当たりと言えば当たりでしたか。

聖戦。
最初の一ページを読んで、林檎か飛鳥のことを描いてるのかなと思ったんですけど。
全く違いましたね。
さすがは鍵と言わんばかりのアホさ加減でした。
が。

あるあるすぎて逆に笑えない(汗)

多分これを読んだ人の中にも経験したことのある人はいっぱいいると思うんですよ、いやホントに(笑)
まぁさすがに部屋中を探さなくても大体すぐに見つかるんですけどね。
エロゲのシリアルコードがないとか、致命的にもほどがありますよ。
しかも鍵の言うとおり、「今日はこの作品で」って決めたら何が何でもその作品でやりたいと思っちゃいますよね(笑)
何かもう読者の姿をそのまま描いたような話でした。
「聖戦」ってタイトルもある意味正解のような気がします(笑)

途中に出てくる、鍵自虐のアマゾンネタ。
誰かやるだろうとは思ってましたが、アマゾンレビューにホントに書かれてました(笑)

で、問題となるのは後半、林檎との会話。
いや、何というか林檎の方がレベル高いんじゃね、色んな意味で。
あの鍵を翻弄する相手だもんなぁ。
そして送られてきた林檎からのえっちぃ画像。

上級者向けですね、分かります。

いや、世の中に沢山いる上級者の人なら、あの画像だけで十分でしょう。
あれだけでご飯3杯は軽くいけると言う人もいっぱいいるはず(笑)
こんな可愛い妹がいて、それでもハーレムとか言ってる鍵が羨ましすぎます。

最終話。
生徒全員に配った、生徒会への要望書の回収作業。
会長は知弦さんと、鍵は深夏と、真冬ちゃんは真儀瑠先生と、それぞれ分かれて学年ごとに回収です。
で、書かれているのは鍵と深夏の話。
この8巻のメインと言ってもいいでしょう。
何せ最終話だし。

やばい、深夏が超可愛い

途中で鍵視点だったり深夏視点だったり切り替わるのですが、それがまた良い(笑)
と言うかそうしないとお互いの葛藤が描けないですしね。
これについてはあえて詳しいことは書きませんので、是非とも皆さんの目で確かめてみて下さい。

それでも敢えて買いに行く前にネタバレが見たいと言う人のために、一言だけ。
ネタバレ歓迎という人だけ反転して下さい→深夏のフラグが完全に立ちます。←反転ここまで

<<楽園>>後編。
なんとか飛行機に乗り込んだ二人。
その飛行機が到着するまでの会話。
お互い敵同士であり、嫌っているはずなのに、何でなんでしょうね。
枯野はやっぱり元々「良い人」だったんでしょう。
そうじゃないと鍵に対してあんなアドバイスは出来ませんもんね。
口調は厳しいですが、言ってる内容はとても有り難いことです。
鍵のハーレム思想を肯定するでもなく否定するでもなく、的確なアドバイスかと思います。
途中には7巻の最後にあった、林檎との回想シーンも出てきます。
林檎の問いに対する鍵の答えも、それを分かってたかのような林檎の返事も、別に間違ってないと思うんですよ。
世間的な、とか、倫理的な、とか言う考えはあると思いますが、鍵が中学時代にあの出来事を経験し、今の生徒会で過ごしてきた結果としての鍵の答えですもんね。
それはとても辛いことで悲しいことになるけど、鍵なら出来るんじゃないかなーと思います。

えくすとら。
椎名姉妹と知弦さんが催眠術で幼児退行してしまう話。
良いですねぇ、みなっちゃん、まふまふ、ちづちゃん。
なかなか可愛らしいものがありますが、子供になっても今と変わらないってのがまた。
いや、むしろ子供だからこそ逆に恐ろしいと言うか。
ちづちゃんも悪気はないと思うのですが。
どうせなら会長も子供になっても良かったかと思います。
まぁ会長の場合は今ですら子供なのに、さらに子供に戻ったら手がつけられない気がしますけど(笑)

あとがき。
なんと9ページ。
どう見てもブログで良いだろって感じですが、それがまた良い。
と言うか9ページももらったら、こうでもしないと字数が足りないですしね。

最後にもありますが、卒業式はもうすぐって書いてますね。
さすがに会長と知弦さんが卒業したら話は続かないし、短編と本編を1冊ずつ出して終わり、ぐらいかなぁ…?
次巻は年内ってなってるから、10月か11月ぐらい?
それにあわせてアニメ2期とか発表されないかなぁ。
テーマ:ライトノベル   ジャンル:小説・文学
・最近の記事

03月30日 大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep- 多岐川葵

10月31日 Trick or Treat!

10月14日 ようやく四天王を倒しましたー。

10月11日 生きてます…よ?

02月20日 これはゾンビですか? 第6話「そう、私は死を呼ぶもの」

02月19日 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第6話「兄は黒パンストの夢を見る」

02月18日 夢喰いメリー 第6話「夢邂逅」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

コメントありがとうございます。
返事は遅くなりますが、必ずお返事しますので今しばらくお待ち下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

トラックバックありがとうございます。
基本的には返していますが、トラックバック出来ない場合はご了承下さい。
この記事へのトラックバック
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!『天神乱漫 Happy Go Lucky!!』応援中!ToHeart2 AnotherDays / Leaf『あかね色に染まる坂』応援バナークリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。

『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。