俺の妹がこんなに可愛いわけがない
~インフォメーション~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乃木坂春香の秘密⑪


Contents

第四十一話
第四十二話
インターミッション ~旭山動物園日記~
第四十三話

Impressions

今回は表紙からも分かるように、修学旅行編。
でも残念ながら春香が客室乗務員に扮することはありません。
しかも最後に大きな山場を迎えたまま、収束せずに次巻へ続くという、続きのやたらと気になる11巻です。

まずは表紙をめくってみると、いきなり温泉の中にいる春香。
つまり、裸なわけですよ。
何というか、見えちゃってますよね。
次をめくると、春香とのデートシーンと、そして美夏。
美夏が耳年増なのはいつものことですが、色々と見えちゃってるこの体勢は何というか…
さらにその次は北海道でのみんなの姿。
普通の修学旅行って感じですね。

で、問題はその次。

ネタバレが嫌いな人は見ない方が良いかと…

まぁカラーページと言うことで、その巻が大まかに分かるイラストがあるわけなんですが、そう言うのが嫌な方は先に本編を読んでからの方が良いかと思います。

さて、第四十一話。
修学旅行の初日です。
そもそも7泊8日って長すぎだろ…
やっぱり3泊4日ぐらいが普通の長さかなと思うのですが、私立だとこれぐらい普通なのか?
東京からの旅行だとやっぱり北海道なのでしょうか。
もしくは沖縄とか?
でも最近は公立でも海外に行くところも多いし。
まぁそんなことはおいといて。

北海道に着いて、観光して、ホテルに着いて。
そこまでは良いとして、美夏が来たところも良いとして、何で女風呂の脱衣所に突入なんだ、おい。
どう考えても美夏が行くべきだろ…
裕人も裕人で頑張りすぎじゃね?
見つかったら大騒ぎで済まないと思うんだけど。

その後の女子部屋侵入も大問題だろ。
何で簡単に部屋に入れるんだ?
普通は鍵がかかってるような。
と言うか修学旅行ではホテルの温泉は利用禁止にされてたなぁ。
一般客に迷惑をかけるからって。
部屋の押し入れに隠れるのも、定番というか。
もちろん見つかりそうになるのも。
あそこで春香が驚いて声を上げなかったのが幸いですね。

第四十二話。
二日目と三日目のファームステイの話。
またここでも美夏の登場。
と言うかこれは春香よりも美夏の話かな。
「みっかみか」が何回も出てくるし。
それにしても、137ページの最後の部分は是非とも挿絵を入れるべきだろ、うん。
アニメや本編があれだけ狙ってるんだから、こういうところも力を入れてみても面白いかと。
で、久しぶりに美夏が頑張ってるわけだが、あのメイドさん達は狙ってるのか?
それとも素なのか?
春香とか美夏のことを邪魔してるとしか思えないタイミングで出てくるし。
まぁそれが大事なことなのかもしれんが。

続いてのインターミッション。
旭山動物園での春香とのデート。
こうやって2人きりで、美夏もメイドさん達もいない普通のデートが見ていて微笑ましいですね。
何かが起こるわけでもないのですが、普段が何かが起こりすぎてるので逆に平穏かと。
最後には裕人の方から春香を抱きしめたりして、ちょっとだけ進展もあったり。
まだ修学旅行編が終わってないので何とも言えませんが、「最後の最も幸せな」って表現が気になります。
次巻でまた問題でも発生するのかな?

そして問題の第四十三話。
ようやく最後にして最大の、椎菜の話。
次巻軸で言うと旅行の最後の二日。
椎菜の故郷にもなる、小樽観光。
でもいきなり商店街のイベントを手伝うってのもなかなか。
一応は自由観光なわけだし、ありといえばありなのかな?
ピアノを弾くなら別に春香でも良かったんじゃ?とは思うけど、華も舞葉も春香のことは知らないし。
と言うことで登場した椎菜の地元での友達、市ノ瀬華と立野舞葉。
一応はサブキャラと言うことで今後も登場するかな?
そして能登さんに引き続き、松来さんも本編に登場。
声優さんの名前がそのまま出てくるってのは結構珍しいんじゃないでしょうか。
そうでもないかな?

で、その日の夜。
男子が女子部屋に集まるってのも問題だと思うが、そこで王様ゲームだなんて。
見つかったらどうなることやら。
華と舞葉まで忍び込んでるしね。
椎菜を後押しするかのように、華と舞葉の提案で王様ゲーム。
最後にはやはり裕人と椎菜が選ばれるわけで。

ここからネタバレ(反転)。
椎菜がようやく決心し、裕人に告白…
とほぼ同時に、やはりハプニングは起こるわけで。
でも暗闇に乗じて裕人にキスする辺りは、椎菜にしてはかなり頑張った方かと。
明るくなってからも自分が裕人にくっついていたと正直に言いますし、次こそは春香にも告白するかな?

ここまでネタバレ。

残ってるのは最終日だけだし、次巻の最初で旅行編は終わりかな。
でも作者の後書きでは最大の見せ場が来るって書いてあるのだが、結果から言うとやっぱり不憫な扱いを受けるんじゃ…?
これだからサブキャラを好きになった人は苦労するんですよね。
その分同人誌とかで補完するわけですが。
でもライバル的な存在が椎菜しかいないし、その椎菜が脱落したら本編はどうなるんだろう?
その辺りも楽しみにしながら次巻を待ちたいと思います。
テーマ:ライトノベル   ジャンル:小説・文学
・最近の記事

03月30日 大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep- 多岐川葵

10月31日 Trick or Treat!

10月14日 ようやく四天王を倒しましたー。

10月11日 生きてます…よ?

02月20日 これはゾンビですか? 第6話「そう、私は死を呼ぶもの」

02月19日 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第6話「兄は黒パンストの夢を見る」

02月18日 夢喰いメリー 第6話「夢邂逅」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

コメントありがとうございます。
返事は遅くなりますが、必ずお返事しますので今しばらくお待ち下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

トラックバックありがとうございます。
基本的には返していますが、トラックバック出来ない場合はご了承下さい。
この記事へのトラックバック
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!『天神乱漫 Happy Go Lucky!!』応援中!ToHeart2 AnotherDays / Leaf『あかね色に染まる坂』応援バナークリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。

『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。