俺の妹がこんなに可愛いわけがない
~インフォメーション~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『数学ガール』&『数学ガール/フェルマーの最終定理』

 

突然ですが、私がつい最近読んでとても面白かった本を紹介したいと思います。
その名も、『数学ガール』
そしてその続編である『数学ガール/フェルマーの最終定理』です。
なんとなく名前だけでも惹かれそうになりませんか?(笑)

どんな本かと言いますと、名前通り数学に関する本です。
と言っても、大学生や社会人になってから、しかも理系が読むような数学専門書ではありません。
一言で言うと、単なる物語です。
・・・なんて言うと著者にお叱りを受けそうですが、でもやっぱり中身は普通の青春物語です。
もちろん『数学ガール』なんて名前ですから、数学に関する話が中心であり、ちょっとだけ専門的な話も出てきます。
大学に進学して、初めて習うような概念や言葉も出てきます。
が、何度も言いますが普通の青春物語です

主人公である「僕(高校一年生)」と、高校に進学して偶然出会うことになる「ミルカさん(高校一年生)」。
そして主人公が二年生に進級した時に出てくる、後輩の「テトラちゃん(高校一年生)」。
続編では従妹の「ユーリ(中学二年生)」も登場します。

この4人が、数学に関する話をしながら少しずつ進んでいきます。
自由気ままに話を進める才媛のミルカさんに圧倒されながらも、それについていく数学大好きな主人公と、数学が好きだけど「わかったつもり」になってしまっているテトラちゃん、すぐに「わからない」と切り返してしまうユーリ。
主人公よりもはるかに頭の良いミルカさんは言うまでもなく、主人公やテトラちゃん、ユーリが色々な問題を通して数学的に、人間的に成長していくと言うものです。

どちらの本も、数学に関する色んな話が出てきます。
小学生でも理解できるようなことから、大学生でも理解に苦労するようなものまで様々。
でもそれらの全てが、実は一本の糸で繋がっていて、物語の最後に登場する難問を解くために必要なものだったりします。
原作である『数学ガール』では分割数、続編の『数学ガール/フェルマーの最終定理』ではその名の通りフェルマーの最終定理が最後の問題となってます。
もちろん物語の中ではどの話も分かりやすく説明されているので、初めて聞くような言葉でもなんとなく分かると思います。

ところで、何故この本を紹介するかと言いますと、それはこの本のキャッチコピーが

<<理系にとって最強の萌え>>

だからです(笑)
もちろん私が勝手に作ったキャッチコピーではなくて、筆者自身がそう謳っています。
何に萌えるかと言う話ですが、・・・もうこの本の名前を見た時点で萌えません?(笑)
いや、さすがにそれは私だけかもしれませんが(笑)
なので、ここで萌えポイントとなるキャラクター紹介をしておきましょう。

ミルカさん:
主人公と同じクラス。
クラス替えがないので進級しても同じクラス。
一言で言うならタイプはクーデレ。
もの静かな感じですが、有無を言わさず話を進めていくところもあり、数学とピアノ以外には興味が無さそうな雰囲気ながらも、テトラと主人公の関係を気にしたり、主人公に手を出したりもします。

テトラちゃん:
主人公が二年生に進級してから、同じ高校に入学してくる後輩。
でも実は主人公と同じ中学の後輩でもある。
一言で言うならタイプはバタバタ娘。
ドジっ娘的な一面もあり、可愛らしい後輩といったところ。
主人公に対する気持ちを隠しつつも、ミルカの素敵さに負けじと頑張ることも。

ユーリ:
主人公の従妹。
しかし主人公もユーリも一人っ子なせいか、主人公のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ。
休みの日になるたびに主人公の家に遊びに来るほど。
テトラと初めて会った日に、いきなりテトラに対して宣戦布告したりもする。

数学と学校生活をとりまく青春物語なので、そういう場面もそれなりにあります。
と言ってもそれがメインではないので、そんなに激しい描写があるわけではありません。

が。

が、ですよ。
どこかの有名な言葉を借りるとすれば、「せつなくて少しこそばゆい」とでも言いましょうか。
普段からギャルゲやエロゲで慣れてる人にこそ読んで欲しいような、そんな感じです。
たった一行の描写や、一言の台詞に、ものすごく萌えます
「そうか、萌えってこんな感じだったな」と懐かしくなることでしょう。

私はこの本を読んで、とても面白かったと自信をもって人にオススメしたいと思います。
そして数学の素晴らしさを改めて認識しました。
全く関係のないように見える二つの話が、実は同じことだったんだ、とか。
こんな難しい問題が実はとても簡単に導けるんだ、とか。
中学生や高校生の人、特に文系の人に特にオススメします。
この中に出てくる話は、学校の授業で習うことは半分ほどしか関係がありません。
だからこそ面白いと思えると思います。
もちろん聞いたことのない言葉も沢山出てきますが、無理して数式等を理解しようとせず、結果だけ飲み込んでくれればいいです。
後は物語を楽しんでください(笑)
大学生以上の人や中高生でも理系の人は、出来るなら数式の奥底に隠れたところまで理解してほしいですね。
そうすることで、数学のすごさというものを思い知ることになるでしょう。
この本を読んで、文系の人は少しでも数学を好きになってくれればと思います。
理系の人はもっと数学を好きになって、他の人に数学を薦めるぐらいになってくれればと思います。
私自身、数学が好きで、数学と一生関わっていこうという職業に就いています。
だからこそ、数学好きを一人でも増やすために、この本を紹介しようと思いました。
もちろん、数学が好きで得意だと言う人もいるでしょう。
そう言う人には、数学専門書としては物足りないと思いますが、それでも何か新たな発見があるんじゃないでしょうか。

ミルカさんやテトラちゃん、ユーリに萌えるだけじゃなくて、出てきた数式に萌えるぐらいになれば最高だと思います(笑)
そうなるには当然、それなりの努力が必要ですが(汗)
これを読んで何か興味を持った話題・問題があれば、自分で専門書を読んで勉強するのもいいでしょう。
ネットで検索するだけでも色々と出てきます。
私は原作だとバーゼル問題、続編だとオイラーの公式が特に面白かったですね。
少しぐらいは知識はありましたが、この本を読んで改めてそのすごさを味わった気がします。

本屋に行く機会があれば、是非この本を探してみて下さい。
別に2冊同時に買えとは言いません。
私はこのように感じましたが、原作を読んでみて面白くないと感じる人ももちろんいるでしょう。
でも、原作を読むとほとんどの人は続編も読みたくなると思います(笑)
因みにコミックにもなってるので、興味のある人はそちらもチェックしてみて下さい。
この本についての詳しいことは筆者のホームページでどうぞ。
本を読んだ感想なんかもお待ちしています(笑)

目指せ<<理系にとって最強の萌え>>

そして<<理系にとって最強の萌え、もっと>>

この本を読んで数学を好きになってくれる人が一人でも多く増えますように。

筆者のサイト「結城浩 - The Essence of Programming」
http://www.hyuki.com/

書籍『数学ガール』
http://www.hyuki.com/girl/

書籍『数学ガール/フェルマーの最終定理』
http://www.hyuki.com/girl/fermat.html

コミック版『数学ガール』
http://www.hyuki.com/girl/comic.html
・最近の記事

03月30日 大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep- 多岐川葵

10月31日 Trick or Treat!

10月14日 ようやく四天王を倒しましたー。

10月11日 生きてます…よ?

02月20日 これはゾンビですか? 第6話「そう、私は死を呼ぶもの」

02月19日 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第6話「兄は黒パンストの夢を見る」

02月18日 夢喰いメリー 第6話「夢邂逅」

コメント
この記事へのコメント
ご紹介、ありがとうございます。
『数学ガール』著者です。
たいへん丁寧で愛にあふれたご紹介をありがとうございます。m(_ _)m
とてもうれしいです!

2008/09/03(Wed) 22:47 | URL  | 結城浩 #wr80fq92[ 編集]
コメントを投稿する

コメントありがとうございます。
返事は遅くなりますが、必ずお返事しますので今しばらくお待ち下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

トラックバックありがとうございます。
基本的には返していますが、トラックバック出来ない場合はご了承下さい。
この記事へのトラックバック
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!『天神乱漫 Happy Go Lucky!!』応援中!ToHeart2 AnotherDays / Leaf『あかね色に染まる坂』応援バナークリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。

『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。