俺の妹がこんなに可愛いわけがない
~インフォメーション~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法少女リリカルなのはA’s 第1話「はじまりは突然になの」

留守番電話を聞くと、主治医の石田先生からメッセージが。
明日ははやての誕生日、一緒に食事でもどうかと言う。
いつものように布団に入り、読書をする。
気がつけば日付も変わる頃、そろそろ寝なければ。
そのとき、机の上に置いてあった闇の書が急に光りだす。
そして闇の書が覚醒してしまう。

朝。
なのはは公園でディバインシューターを操るための練習をしていた。
レイジングハートの採点だとおよそ80点ぐらい。
家に戻り、学校へ行く準備をするなのは。

なのは「私に魔法と、いくつもの出会いや勇気をくれたあの時のみんなとは、今はすこし離れ離れ。でも、きっとまたすぐに会えるから。」

恭也はなのはに郵便物が届いていると言う。
それはフェイトからのビデオメールだった。

そのころアースラは本局への帰還準備を進めていた。
明日はフェイトとアルフの最終裁判の日。
ほとんど勝てることは分かっていたが、クロノは念を入れていた。
リンディの元へ向かったクロノは、世界でいくつものロストロギアの痕跡が残っていると言う話を聞いてしまう。

闇の書を手にしたヴィータは、職員を襲い魔力を集めていた。

すずかはなのは達と別れ、図書館へ向かう。
そこではやてと出会うことに。

はやては、シャマル、シグナムと共に家へ帰る。
ヴィータがいないことを心配するが、シャマルはいつでも側にいるからと答える。

そして夜。
ヴィータは先ほどから強力な魔力反応を感じていた。
その主を倒せばもっと魔力を手に入れることが出来る。
ザフィーラと手分けしてその主を探すことに。

家で勉強していたなのは、レイジングハートが緊急だと言う。
強力な魔力を持った相手が近づいてきている。

ビルの屋上で相手を探すなのは。
いきなり誘導弾に襲われる。
ラウンドシールドを張り、なんとか防ぐ。
すると反対側からヴィータが攻撃してくる。
両手ともラウンドシールドを張るが、衝撃で吹き飛ばされてしまう。
ビルから落ちる間に、変身をするなのは。

いきなり襲い掛かられる覚えは無い、相手のことを聞くも答えてくれない。
なのははディバインバスターを撃ち込む。
なんとかかわすヴィータだが、攻撃により帽子が壊れ、落ちてしまう。
それを見たヴィータは我を失いなのはを攻撃する。
なのははレイジングハートで応戦するが、なんとひびが入ってしまう。
ビルに叩き込まれるなのは、レイジングハートも壊れ、プロテクションやリアクターパージを張るも貫かれてしまう。
絶体絶命の危機。
目もかすんできてよく見えない。

そんな危機的状況の中、現れたのはフェイト、ユーノ。
ヴィータの攻撃を受け止めるフェイト。

ヴィータ「仲間かっ・・・」

フェイト「・・・友達だ」


よろしければ押してやってください→ 

スポンサーサイト
魔法少女リリカルなのはA’s 第13話(最終回)「スタンバイ・レディ」

今年最高のアニメをありがとう!

なのはA’sに乾杯!


それは小さな奇跡でした。
祈りは遥か空の彼方。
涙は虹になって、光に代わって、長い夜は終わりを告げて。
旅立つ時の「さよなら」は終わりじゃなくて「はじまりの言葉」・・・



防衛プログラムも撃破し、戦いを終わりを迎えた。
夜天の書の主、はやてはまだ目を覚まさずにいた。
守護騎士ヴォルケンリッター達を前に、リインフォースは語り始める。
防衛プログラムはこのままだとまた再生を繰り返してしまう。
それはまたはやての体を侵食してしまうことを意味している。
手を打つなら再生が始まるまで。
はやてとも、守護騎士たちともプログラムは切り離している。
私が消えても、影響は無い・・・

リインフォースは自分の意思で夜天の書の終わりを迎えようとしていた。
そのためになのはとフェイトに協力して欲しいと。

なのは「あなたを空に還すの、私達でいいの?」

家に運ばれていたはやては目を覚ます。
それは夜天の書のお告げなのか。

そこにはやてがやってくる。
当然はやてはリインフォースが消滅することを拒む。
しかしリインフォースはそれを受け入れようとしていた。
自分は今、世界で一番幸せな魔導書だから。
たとえ消えてしまっても、心はずっとはやての側に。

遥か空 響いてる 祈りは 奇跡に・・・

そしてリインフォースは空へと還っていく。
はやての手元に残ったのは、リインフォースのデバイス。


事件は全て解決した。
なのはとフェイトは将来的に事務局の仕事に就くことに。

なのはとフェイトの帰り道、アルフを連れてユーノが散歩をしていた。
アルフとフェイトは自分の家へ、ユーノはなのはを家まで送っていく。

なのは「年末とかお正月とか、時間あるようなら一緒にいようね。」

羨ましいぞユーノ

アリサやすずか、そしてなのはの家族にもこれまでの出来事を話す。
グレアムは責任を取って辞任、しかし表向きには希望辞職と言うことに。

時は流れ、6年後・・・

EDテーマ「Spiritual Garden」がフルコーラスで流れる中、なのは達のその後を描く。

八神はやて
私立聖祥大付属中学校三年生兼
時空管理局特別捜査官
守護騎士ヴォルケンリッター率いる優秀な魔道騎士として、
ロストロギア関連事件の捜査に才能を発揮する。

リンディ・ハラオウン
時空管理局提督
艦長職を退き、現在は平凡な本局勤務。

フェイト・T・ハラオウン
私立聖祥大付属中学校三年生兼
時空管理局執務官
使い魔アルフを伴って、執務官として第一線で活躍中。

クロノ・ハラオウン
時空管理局提督
戦艦アースラ艦長

エイミィ・リミエッタ
時空管理局官制司令
各々昇進後も、コンビは健在。

ユーノ・スクライア
時空管理局データベース
「無限書庫」司書長
司書の傍ら古代史の論文を発表、学者としての実績を重ねる。

高町なのは
私立聖祥大付属中学校三年生兼
時空管理局武装隊 戦技教導官
新任局員への戦技教導の傍ら、捜査官としても活動。
優秀な成績を残している。

ギル・グレアム
元時空管理局提督
辞職後、使い魔とともに故郷英国にて隠居中。

中学3年生となったなのは達。
声をかけてくれるのはアリサとすずか。
そして待っていてくれるのはフェイトとはやて。
5人で仲良く登校する。

そして屋上で、3人は・・・

なのは「レイジングハート」

レイジングハート「Yes, my master.」

フェイト「バルディッシュ」

バルディッシュ「Yes, sir.」

はやて「リインフォース」

リインフォース「はい。マイスターはやて」

レイジングハート「Stand by, ready.」

なのは&フェイト&はやて「セットアップ!」




本当にとても良い作品だと思います

壊れそうになるはずのエクセリオンモードを使ったのに影響が無かったり、防衛プログラムの反撃が一度も無かったりと、多少気になる点はいくつかありましたが、それを除いても、シナリオ、作画(途中酷かったですけど・・・)、音楽、声優、とても素晴らしい作品だと思います。

文句無しで今年の最高作品です。

これで終わってしまうのがとても残念です。
こういう作品こそ2クールやって欲しいものです。
何はともあれ、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
こんな作品に出会えて満足です。

第3期の発表はまだぁ?

よろしければ押してやってください→
魔法少女リリカルなのはA’s 第12話「夜の終わり、旅の終わり」

なのはは今年最高のアニメに決定!!

本当は最終回である次週に言うつもりだったのですが、もうそんなことはどうでもいいです。


初めて知った真実の重さ
時空を越え刻まれた悲しみの記憶
過去の痛みは心の中に静かに溶かして
あの日、胸に灯った炎を消さないように
深い闇に消えないように
結んだ絆を守るために
今、未来に向かう扉を開く


主題歌の「ETERNAL BLAZE」そのものです

CDをお持ちの方は是非歌詞カードをお手元に。
・・・と言うか歌詞カード無くても覚えてますか(笑)


もういろんな意味で感動しました!!
さすがはなのは、素晴らしすぎです!!



闇の書の防衛プログラムに割り込み、暴走を少しだけ遅延させるはやて、リインフォース。
そして守護騎士のプログラムも再生し、シャマル、シグナム、ヴィータ、ザフィーラも復活する。

暗黒に包まれる場の中、一筋の光が走る。
その中心を囲むように立っているヴォルケンリッター達。

はやて「リンカーコア送還。守護騎士システム破損修復。」

シグナム「我ら、夜天の主の下に集いし騎士。」

シャマル「主ある限り、我らの魂尽きる事なし。」

ザフィーラ「この身に命がある限り、我らは御身の下にあり。」

ヴィータ「我らが主、夜天の王、八神はやての名の下に。」

さらに明るく光ったかと思うと、その光の中から現れたのは夜天の王、八神はやて。

めっちゃかっこええ!!

そしてはやても変身を始める。

はやて「夜天の光よ!我が手に集え!祝福の風リインフォース、セットアップ!」

魔法少女リリカルはやて登場!!!

可愛い&かっこいい・・・(涙)

防衛プログラムが暴走するまでにはまだほんの少し時間がある。
ヴィータははやてとの再会を泣いて喜ぶ。
なのは、フェイトも喜んでいた。
現場に到着したクロノは、あまり時間も無いためどうするかを説明する。
残された手は2つ。
1つはデュランダルで永久凍結。
もう1つはアルカンシェルの使用。
しかし主のいない防衛プログラムは、魔力の塊。
凍結してもすぐに再生する。
アルカンシェルを使用すれば、はやてやなのはの家も吹き飛ぶ。
両方の手段とも使いたくなかった。
いちいちそんなことを気にするのが嫌なアルフ、なんとか攻撃すればいいのではないかと言う。
しかしそんなレベルじゃないと言うクロノ。
それを聞いたなのは、フェイト、はやてはある方法を導き出す。

それは、みんなで協力して防衛プログラムのコアを取り出し、それをユーノとアルフの強制転移魔法で宇宙に転送、そこでアルカンシェルを使用するというものだった。

うまくいくかどうかも分からないが、この方法で行くことにする。
失った過去よりも輝かしい未来、そのために。

クロノ「無くしてしまった過去は変えることが出来ない、だから今を戦って未来を変えます。」

暴走まであとほんのわずか、シャマルの本領を発揮してなのはとフェイトの傷を癒す。

そしてついに防衛プログラムが目覚める。
ここから、主題歌を歌うフェイト役の水樹奈々さんの今作2曲目の「BRAVE PHOENIX」にあわせ、総力戦が始まる。


ここから少し宣伝
水樹奈々 13th Single「SUPER GENERATION」
これの2曲目にこの挿入歌「BRAVE PHOENIX」が収録されています。
他にもう1曲、全部で3曲で1200円です。
1月18日発売



同日、「ETERNAL BLAZE」までの5曲のシングルやメイキング、CMを収録したDVD「NANA CLIPS 3」も発売されます。
合計収録時間52分で3900円です。



ここまで宣伝


アルフ、ザフィーラ、ユーノは本体よりも周りの補助。
ヴィータはギガントクラッシュ、なのははエクセリオンバスター。
シグナムは隼、フェイトはライジング(・・・かな?/汗)
はやてはミストルフィン、クロノはデュランダル(技名あったっけ?/汗)
全員の攻撃で見事バリアを貫く。

そしてコアを抽出するため、なのは、フェイト、はやての3人で一斉攻撃。

なのははスターライトブレイカー、フェイトはプラズマザンバー、はやてはラグナロク。

3人の同時攻撃で体が分離する。
そしてユーノ、アルフ、シャマルの3人で宇宙空間へ転送。
アースラからのアルカンシェル発射でコアも消滅。

復活する兆しも無し、戦いは無事に終わった。
しかしはやてが意識を失ってしまうのだった。


次回はついに最終回。
なのはも言ってたように「終わりじゃなくて、きっと始まり」なんですよね。
色々と語りたいことはありますが、全体的なことに関しては最終回である次回にでも。

今週のなのはA’sまとめ

はやて最高!!

魔法少女リリカルなのはA’s 第11話「聖夜の贈り物」

エクセリオンモードきたー!!

ベッドで目覚めるフェイト。
自分の横にはアリシア、そして起こしに来るリニス。
朝食の場にはやさしく微笑んでくれるプレシア。
それは起こり得ないはずの世界。
でもそれは、フェイトが望んでいた世界。

外ではなのはと意思が戦っていた。
意思の攻撃が強すぎるため、レイジングハートは自分の命を顧みずエクセリオンモードを呼び出すようにと言う。
そしてエクセリオンモードを呼び出すなのは。

闇の書が完成した後も、はやての心までは乗っ取られていなかった。
意思ははやてに眠るように告げる。
そうすればはやての望んだ幸せな生活が待っている。

はやて「でもそれは夢や。そんなんあかん。」

はやては闇の書が覚醒した時、今まで何があったかを知ったと言う。
そして自分と同じ境遇の意思に、名前をあげると言う。

はやて「名前をあげる。闇の書とか、呪いの魔導書とか言わせへん。」

そしてはやては止まるように言う。
闇の書の意思改め、リーンフォースはそれに答える。
しかし自動防御プログラムが止まらない。
それでも、リーンフォースは救うことが出来た。
はやてはリーンフォースの体を通じ、外の世界に話しかける。
当然そこにいたのはなのは。
自動防御プログラムを停止させるようにと言うはやて。
それを聞いてユーノが出した指示は、全力でプログラムを倒すこと。

なのは、はやて、フェイトはそれぞれが全力で戦っていた。
なのははプログラムの暴走を止めるため、はやて、フェイトは偽りの幸せから抜け出すため。

はやて「行こか。リーンフォース。」
リーンフォース「はい、我が主。」

なのは「エクセルバースター!フォースバースト!」

フェイト「ブライトザンバー!」

いよいよ戦闘は佳境に。
リンディは最悪の事態も考えていた。
それはアルカンシェルの使用。
出来ることなら使いたくない。
そのために、クロノが現場に向かっていた。
グレアムから渡された、デュランダルを持って。


次回、ラスボス登場(ぇ)

リーンフォースがはやての呼びかけに答えてくれてよかったです。
あとは自動防御プログラムを止めるだけ。

頑張れ!なのは、フェイト!


今週のなのはA’sまとめ

エクセリオンモードかっこよすぎ!!
魔法少女リリカルなのはA’s 第10話「運命」

クロノかっこいいよクロノ

11年前に起きた闇の書の事件。
グレアムの回想から始まりました。
クロノの父を死なせてしまったこと、そして闇の書が封印出来ていなかったことを思い出していたのでしょう。

なのはとフェイトは闇の書の意思の攻撃から逃げようとしていた。

仮面の男二人は結界を張り、その戦いを見つめていた。
と、突如捕縛されてしまう。
その魔法を使っていたのはクロノ。

クロノ「変身魔法も強制的に解除するから。」

仮面の男の正体は、アリアとロッテだった。
そしてこれを指示したのがグレアムであることも気付いていた。
グレアムは、闇の書を永久凍結することで解決しようとしていた。
今の主、八神はやてなら家族もいないため悲しむ人が少ないと。
何度も転生を繰り返す闇の書に対抗するにはこれしか方法が無かった。
凍結させるのは、闇の書が暴走を始める一瞬の間。

クロノ「その時点で、闇の書の主は永久凍結されるような犯罪者じゃない。」

犠牲者がはやて一人でその他大勢を救えるから我慢しろってか?

そんなものあんなにいい子を犠牲にしてするようなことじゃない

他に方法を考えてくれ


ロッテ「あんたの父さんだって、それで!」

分が悪くなったロッテは言い返すが、クロノはそれでも今の状況を受け入れようとはしなかった。
戦闘が気になるからなのはの元へ向かうと言うクロノ。
自分達ではもう無理だと考えたグレアムは、クロノにデュランダルを託す。

アルフとユーノもかけつけ、なのはとフェイトは意思と戦う。
4対1で戦っても、盾で防がれてしまう。
それどころか防ぎながら攻撃され、逆に自分たちの方が劣勢になる。
そして意思はなのはの技、スターライトブレイカーの詠唱を始める。
さすがにこれは防ぎきれないと感じたフェイトは、なのはを連れその場から撤退する。
ユーノとアルフもその場を離れる。

一般市民は既に避難したはずのこの町で、まだ市民が残っていると言うバルディッシュ。
大体の場所で足を止め、辺りを探すなのはとフェイト。
するとビルの陰から人が出てくる。
危ないから動かないでと声をかけるなのは。
振り向いたのはすずかとアリサだった。

意思はその場所をめがけスターライトブレイカーを放つ。
フェイトは二人に結界を張り、なのはとフェイトも防御する。
なんとか攻撃を耐えられたものの、二人に姿を見られてしまった。
町の外へ転送される二人。
二人のことが気にかかるなのははユーノとアルフに付き添うようにお願いする。

そこにエイミィから通信が入る。
クロノの指示で、闇の書に投降と停止を呼びかけて欲しいと。
なのはとフェイトは必死に話しかける。
しかし意思から返ってくる答えは同じ。
自分はただの道具、主の望みを叶えるだけ。

なのは「本当に心が無かったら、泣いたりなんてしないよ!」

フェイト「そんな悲しい顔で言ったって、誰が信じるものか!」

それでも分かってくれない意思。

意思「お前もその名前で呼ぶのだな」

どうやら意思は本当の名前で呼んで欲しいのだろう。
なのはとフェイトの話しかけも無駄ではないはず。
でも意思はまだ分かってくれなかった。

フェイトは意思に攻撃をしかける。
しかし防御されてしまい、逆に闇の書に吸収されてしまうのだった。



えっ?

ちょっ・・・

フェイト!?


とりあえずグレアムにかなり腹立ったのは私だけでしょうか。
はやてを犠牲にするとかありえない。

フェイトならきっとはやてを説得してくれるはず。
・・・でもヴィータに止めを刺したのはなのはとフェイトだと思ってるわけか・・・
簡単にはいかなさそう。
意思が暴走する前になんとかしないと!

今週のなのはA’sまとめ

フェイトーーー!!!!
魔法少女リリカルなのはA’s 第9話「クリスマス・イブ」

シグナムと連絡を取るシャマル。
闇の書はあと60ページ。
シグナムも早いうちに戻ると言う。

クリスマスイブの前日、なのはとフェイトはなのはの家族達と夕食を共にしていた。

一人調べ物をするクロノ。
エイミィが入ってくると画面を消してしまう。
誰にも見られたくないらしい。

すずかはメールでみんなに話を持ちかける。
クリスマスイブの明日、内緒でプレゼントを持っていこうと。
もちろん賛成するみんな。

次の日、はやての病室にはシャマル達の姿が。
久しぶりに様子を見に来ていたのだ。
そこにやってくるすずか達。
遅れて入ったなのはとフェイトは衝撃を受ける。
部屋にいたのはヴィータにシグナム、シャマル。
つまり闇の書の主ははやて・・・

病院を出て、すずか達と分かれる二人。
当然そのまま戦うことになってしまう。
どこかのビルの屋上、なのはとフェイトは必死に話し合いを持とうとしていた。
しかしなのはの言葉も届かず、ヴィータが不意打ちをしてくる。
吹き飛ばされフェンスにぶつかるなのは。

なのはもフェイトも本当のことを話そうとしていた。
闇の書を完成させてもはやては良くならない。
でも使い魔である自分達のほうが闇の書についてよく知っていると言う。
もうすぐで完成する、だから邪魔をするな。
ヴィータは有無を言わさずなのはに攻撃する。
炎に包まれる屋上の一角。
炎の中から現れたのは無傷ななのはの姿。

ヴィータ「悪魔め・・・」
なのは「悪魔でいいよ・・・」

なのは「悪魔らしいやり方で話を聞いてもらうから。」

レイジングハートを手にするなのは。

フェイトもバルディッシュを手にする。
速さを上げるため、装甲は前よりも薄いものに。
シグナムも戦闘態勢に入る。
シャマルは離れた場所で通信妨害。
闇の書の主がはやてであることが知られてはまずいから。

フェイトとシグナムは屋上、なのはとヴィータは上空で戦う。
途中、なのはは語り始める。
それだけ闇の書のことを知っているなら、どうして本当の名前で呼ばないのかと。
それに答えられないヴィータ。

途端、バインドに襲われ身動きが取れなくなるなのは。
相手が姿を消していることに気づいたフェイトは、気配のするあたりを攻撃する。
現れたのは仮面の男。
この前みたいにはいかない、と意気込むフェイト。
しかしもう一人の仮面の男が現れ蹴り飛ばされる。

そして仮面の男はなのはだけでなく、フェイトやシグナム達まで縛り上げる。
もう片方の仮面の男は、闇の書を手にする。
闇の書の最後のページを埋めるのは使い魔であるシグナム達。
仮面の男は3人のリンカーコアを抽出する。
元々はプログラムであるが故に、その存在まで消されてしまうシグナムとシャマル。
後から駆けつけたザフィーラも消されてしまう。

なのはとフェイトをバインドに閉じ込め、仮面の男はなのはとフェイトに姿を変える。
二人の間には既に意識の無いヴィータ。
そしてはやてを召還する。
はやてには何が何なのか分からないでいた。
闇の書が完成しても病気は治らないと偽なのはと偽フェイトから伝えられる。
後ろを振り向くとシャマルとシグナムの服だけが残されていた。


そして偽なのはと偽フェイトははやての目の前で、はやての叫びも聞かずにヴィータに止めを刺す。

闇の書は完成し、本ははやての元へ。
そしてその力を解放してしまう。
なんとかバインドから抜け出したなのはとフェイト。
闇の書に囚われ、完全に姿を変えるはやて。
闇の書の意思のままに、強大な魔力が発動していた。



内容的にいつものノリでは書けませんでした。
今回はレビューだけで終わります。
魔法少女リリカルなのはA’s 第8話「悲しい結末、勇気の選択なの」

なのは×フェイト、はやて×ヴィータでハッピーエンドを迎えてください

リンカーコアを奪われたフェイトはアースラ内で休んでいた。
事件の状況報告をする一同。
仮面の男が現れたとき、システムが機能停止していた。
管理局内部のものではないかと言う話が持ち上がる。

シグナム達は仮面の男について考えていた。
味方なのか、敵なのか。
ヴィータの頭には何かが引っかかっていた。
果たしてこれではやては幸せになるのだろうか。
朝、目覚めたはやては起き上がろうとする。
しかし急に胸が苦しくなり、そのまま倒れてしまう。
慌てて病院に運ぶシグナム達。
主治医の石田先生によると、今までにない症状だと言う。
念のため、入院を薦める。

無限書庫で調べ物をしていたユーノ達は、今の時点で分かっていることを報告する。
本来、闇の書は偉大な魔法使いの技術を集め、研究するものだった。
しかし、歴代の持ち主の中の誰かがプログラムを改変したため、今のような状態になってしまったと言う。
完成すれば主の魔力を際限なく使うため、今までの持ち主は・・・

フェイトも目を覚まし、リンディと少しやり取りをする。
養子縁組も近いかな?

フェイトも家に戻り、しばらくは静かに暮らすこととなる。
いつものようになのはと学校へ行くと、すずかからはやてちゃんが入院したことを聞かされる。
アリサの提案で、4人はお見舞いに行くことに。

すずかはその許可を取ろうと、シャマルにメールしていた。
お見舞いに行ってもいいですか?都合が悪ければこの写真をはやてちゃんに見せてあげてください。
メールと一緒に送られてきた写真は、4人の姿が映ったもの。
その写真を見た瞬間、シャマルは愕然とする。
まさかすずかの友達にフェイトとなのはが?
すぐにシグナムに連絡を取る。
はやての口から自分達の名前を出さないようにすればいいと答える。

お見舞いに行く4人、変装をしてドアの隙間から覗くシャマル。
しかし石田先生に見つかってしまう。
ロビーで話し込む二人。

4人が帰った後、シャマルははやての病室へ。

はやて「もうすぐクリスマスやなぁ。それまでに退院して、パーッと騒げたらええなぁ。」


戦闘のできないシャマルは家でカートリッジを作っていた。
闇の書の、はやてへの侵食はますます速度を速めていた。
しかしはやてはそれを表に出さない。
シグナム、シャマルは前よりも増して闇の書のページを増やそうと必死になっていた。


アイキャッチがどんどんレベルアップしてない?

次回、「クリスマス・イブ」
はやての待ち望んでいたクリスマス。
そんな嬉しいはずのクリスマスに・・・

なのは達とシグナム達がついに出会ってしまう。
そしてその次の回は・・・


今週のなのはA’sまとめ

頼むからはやてを幸せにしてやってほしい
『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!『天神乱漫 Happy Go Lucky!!』応援中!ToHeart2 AnotherDays / Leaf『あかね色に染まる坂』応援バナークリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。

『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。